奈良県王寺町、京都府宇治田原町の情報を追加

新規自治体概要

【奈良県王寺町】

奈良県の北西部に位置する王寺町は、明治時代に県内で初めて鉄道が開通した町で、大阪と奈良をむすぶ交通の要衝地にあたります。隣の斑鳩町には世界遺産の法隆寺があり、王寺町にも達磨寺や太子葬送の道など、聖徳太子ゆかりの歴史がたくさん伝わっています。大阪、天王寺、奈良、法隆寺からも近く、便利な場所ですので、お気軽に観光をお楽しみください。

https://furusatohonpo.jp/donate/municipality/?localGovernmentId=b0b34dbe-7f2b-483c-80f1-b8f6a7d67310

【京都府宇治田原町】

日本緑茶発祥の地・宇治田原町。近畿のまん中、京都府南部にある日本緑茶発祥の地、宇治田原町。江戸時代に「永谷宗円」翁が、緑茶の製法・青製煎茶製法を発明したほんまもんのお茶の産地。町を見渡せばお茶の工場が立ち並び、お茶づくりの季節になると、そこかしこでお茶の香りが漂います。自分好みのお茶や、お茶に由来する名産品を手に入れるため、多くのお茶好きが宇治田原町を訪れます。“シンプルだけど奥深い”そんな日本緑茶をふるさと特産品でお楽しみください。kyotoのまち茶文化が息づくハートフルなまちは、地形もハートのカタチ。自然と都会が暮らしのすぐそばにあるいいとこどりのイナカマチです。ハートにちなんだ、特産品もラインナップしています。

https://furusatohonpo.jp/donate/municipality/?localGovernmentId=5a49357f-6914-41df-9a31-04feebd838f1