ふるさと納税の控除はいつされる?住民税の税額決定通知書の確認方法をご紹介!

ふるさと納税を行うと寄付金控除を受けることが出来ます。
寄付金控除の中には、所得税の控除と住民税の控除があります。

所得税の控除について

確定申告をすると、まず所得税が還付されます。
所得税の還付額には上限があるので、所得税の還付金をみて、金額が少ないと思った方は住民税からも差し引かれますので、次にご紹介する「住民税の税額決定通知書」にてご確認ください。

住民税の控除について

ふるさと納税では、所得税と住民税が控除されます。
ワンストップ特例制度を利用された方は、前述の所得税からの還付はありません。住民税の控除のみとなります。
住民税から控除されたかどうかは、「住民税の税額決定通知書」により確認する方法があります。
「住民税の税額決定通知書」とは、給料所得者や個人事業主に関わらず、毎年5月~6月にかけて市区町村から配布されます。会社に勤めている方は会社から配布されますので、労務担当の方にご確認ください。

※形式は市区町村によって異なります。
引用:東京都北区 住民税額の通知

住民税が控除されるまで

ふるさと納税をした翌年6月から翌々年5月までの12ヶ月間に支払う住民税が控除されます。
会社勤めの場合、6月分の給料から新しい住民税が反映されます。
※例えば、2018年1月1日~2018年12月31日の間にふるさと納税をした場合、2019年6月~2020年5月分の住民税が控除されます。
※人によっては、7月分の給料から反映される場合があります。
ふるさと納税の住民税の控除額の確認については、住民税の税額決定通知書の「税額控除額」で確認が出来ます。

上記は東京都23区内の確認方法です。
特別区民税の「⑤税額控除額」と都民税の「⑨税額控除額」が寄付金控除された部分の金額です。
※税額控除額にはふるさと納税分以外の控除額も合算されています。

住宅ローン控除を利用している場合は?

税額控除額の欄には、寄付金控除だけではなく住宅ローン控除の金額も含まれています。
そのため、住民税の税額決定通知書では、「摘要欄」に住宅ローン控除の金額が記載されていることがあります。
税額控除額から住宅ローン控除額を差し引くと、寄付金控除額がわかります。

※自治体によって住民税の税額決定通知書のフォーマットが異なります。控除額がわからない方は最寄りの役所にお問い合わせください。